新型デリカカスタムはクロカンに!グリルガードは?

新型 デリカ カスタム クロカン

新型デリカD:5のおすすめカスタムやクロカン仕様・グリルガードと、前モデルのクロカン仕様も含めてご紹介していきます。

 

2019年に発売されるビッグマイナーチェンジの新型デリカD:5。

 

まだ手にしていない方も、ゲットしたらどのようなカスタムをするか悩んでいませんか?

 

あえて提案させて頂くなら、今回の新型デリカは絶対にクロカン仕様が似合い、最高でカッコイイビジュアルになるでしょう!

 

ミニバンなのにクロカンにできる唯一無二の存在です!

 

新型デリカD:5のカスタムやクロカンにしてみたい方はお見逃しなく!

 

新型デリカD:5のカスタムの種類は?


2019年に発売されるデリカD:5のカスタムは、一体どの程度まで出来るのか気になるところですよね!

MEMO
下記でカスタムをご紹介しています。

まず新型デリカが発表された時に、非常に多くの賛否両論な意見がありました。

  • 顔がこれじゃない・・。
  • 時代にマッチした厳つい顔が好み!

と2つの意見で真っ二つです。

 

しかしカスタムをした状態なら、更に大きい変化を楽しむ事が可能で、好みじゃなかった方も意見が変わるようなデザインだと思います。

 

それだけポテンシャルを秘めているんですね!

 

デリカ新型の価格や基本のスペックはまとめていますので、こちらの記事ではカスタムについてご紹介していきますね!

 

ディーラー(純正)オプションパーツは?

新型 デリカ カスタム クロカン

 

 

出典元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 

新型デリカにはディーラーオプションにも、オフロード感をより強くするカスタムが提案されています。

 

そして、上記の画像はディーラーオプションが全て装備された状態の新型デリカD:5です。

 

以下が装備されているものと名前になります。

  • ベース車両:デリカ D:5 P
  • ボディーカラー:スターリングシルバー/アイガーグレーメタリック
  • エクステリアパッケージA
  • エクステリアパッケージB
  • エクステリアパッケージC
  • ヘビーデューティキャリア
  • エクシードバイザー
  • ナンバープレートフレーム(メッキ)

この中で、パッケージと表記されているものがありますが、パッケージ事に以下の装備を指しています。

 

パッケージ名 装備名 装備名
パッケージA フロントアンダーガーニッシュ リヤアンダーガーニッシュ
パッケージB マッドフラップ サイドステップ
パッケージC エンジンフードエンブレム テールゲートスポイラー

では、1つずつ画像でご紹介していきます。

 

フロントアンダーガニッシュ・リヤアンダーガニッシュ

新型 デリカ カスタム クロカン

出典元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 

パッケージA

こちらはフロント及びリアのアンダーガニッシュのオプション装備になります。

 

バンパーの存在感や威圧感を高め、更に厳つさを上げる装備ですよね!

 

このような目に入りやすい装備なので見た目を変えたい人はまずおすすめのカスタムです。

 

マッドフラップ・サイドステップ

新型 デリカ カスタム クロカン

出典元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 

パッケージB

こちらはタイヤの泥除けになるマッドフラップと、乗降時のサポートを高めるサイドステップです。

 

デリカをオフロード車として利用する方なら、石や泥から守るマッドフラップはおすすめですし、エクステリアの差別化として装備するのも印象を変える事ができるので良いですよね!

 

また、サイドステップの素材はステンレスプレートとアルミになっていて、安っぽさは出ないでしょう。

 

エンジンフードエンブレム・テールゲートスポイラー

新型 デリカ カスタム クロカン

出典元:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/

 

パッケージC

こちらはフロントにDELICAの文字をハイポスカル製ステッカーで彩るオプション、エンジンフードエンブレムと、リアのテールゲートスポイラーです。

 

ステッカーやエンブレムは好みがありますが、このオプションのステッカーは純正というだけあり、ただのシールではなくハイポスカル製なので厚みがあり高級感を損なわない仕様になっています。

 

テールゲートスポイラーは存在感を更に高めてくれますし、大きすぎずスタイリッシュなゲートスポイラーは好印象です。

 

新型デリカD:5のカスタムはクロカン仕様がおすすめ!

デリカD:5の最大の特徴はなんといってもミニバンにも関わらず、キャンプなどにも最適なだけでなく通常のミニバンでは苦手な悪路も走行できる唯一無二の車であることです。

 

これはよく言われていますが、ミニバンとSUVを融合させたスタイルであることが大きいでしょう。

 

それなら唯一無二の存在を活かして、今回のビッグマイナーチェンジされた厳ついデリカを更にクロカンモデルにするのは、合理的でさらに真価を発揮させる事が出来ますよね!

 

上記でご紹介したオプションパーツも良いですが、実は既にデリカのエアロパーツを提案しているメーカーがあり、クロカン仕様になっているのでそちらをご紹介しますね!

 

ジェップセン・デリカD:5

新型 デリカ カスタム クロカン

出典元:https://www.instagram.com/p/BrYt8-vhmF7/

 

こちらを手掛けたのはJEPPESEN(ジェップセン)です。

 

上記の画像はカスタムCGになりますが、ジェッペセンが開発するエアロパーツがこのような方向性なのは確かで、既に期待している方が多いのも事実でしょう。

 

オプションパーツを何もつけていない純正デリカD:5と見比べれば一目瞭然の絵で立ちは、クロカン力が最大限に活かされていて迫力も段違いにアップしていますよね!

 

このデリカならどのような悪路でもグイグイと力強く進んでくれそうですし、並んでいる複数のランプもセンスが良いです。

 

ディーラーオプションをフルに装備したデリカとの違いも大きいので、今後このような同じ車両なのにエクステリアで大きく違うコンセプトカーが多く登場するのも楽しみの一つになりますね!

 

クロカンカスタムならグリルガードも!

新型 デリカ カスタム クロカン

出典元:https://item.rakuten.co.jp/partsisland/

 

クロカン仕様ならカスタムの中でも、グリルガードも選択肢として有力候補です。

 

もともとバンパーを守るための装備で、金属製の板やパイプが素材のパーツで、クロカンなどオフロード車に多い特徴がありますが、デリカD:5はミニバンとSUVの両面を持っているので間違いなく似合うでしょう。

 

しかも前モデルよりも今回のデザインの方がよりワイルドで個性的なエクステリアに変貌します。

MEMO
グリルガードは車検の通るものにしましょう。

 

新型デリカカスタム クロカンのまとめ

今回は新型デリカのカスタムや、より強くクロカン仕様にするエアロパーツ・グリルガードなどのご紹介と提案をしていきました。

 

2019年に発売されるデリカD:5はビッグマイナーチェンジと言われていますが、デザインの大幅な変更だけではなく、基本性能も向上しておりフルモデルチェンジと言っても過言ではないぐらいに変身を遂げています。

 

前モデルよりも近未来な顔に変わったフロントデザインは、更にカスタムを加えることでいくらでもかっこよく、そして1人1人が個性を出せるデザインです。

 

また、非常に多彩なカスタムパーツが今後販売されていくことが予想されるので、どのような自分好みのデリカにカスタムしていこうか良い意味で悩みが尽きないでしょう。

 

そんな時にもし迷ったら、クロカン仕様も検討してみてくださいね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!