車のエンジンかからない時は異音で原因がわかる?ガガガ・キュルキュルは?

ディーラー 車検 時間

車のエンジンがかからない時の『異音』でわかる原因や対処法・応急処置をわかりやすくご紹介します。

 

いきなり車のエンジンがかからなくなった経験ありますよね!

 

そんな時、セルを回しても車のエンジンが掛かる事はなくこんな音がしていませんか?

 

  • キュルキュル
  • カチカチ
  • ガガガ

 

このような異音などが聞こえる場合、それぞれの原因がわかる場合もあるんですね!

 

車のエンジンがかからない時に異音が聞こえる時の対処法や、原因が知りたい方はお見逃しなく!

>>無料であなたの車を一括査定してみる

車のエンジンがかからない・かかりにくい原因は?

車検 費用 相場

車に乗ろうとエンジンいつものようにかけても、エンジンがかからなかったり、かかりにくい事って結構ありますよね。

 

車はとても複雑な仕組みで作られていますし、エンジンはかかるのが当たり前だと思っていると焦ってしまうと思います。

 

よくあるエンジンがかからない理由は以下のように分けられます。

 

  • シフトがPに入っていない(AT車の場合)
  • ブレーキを踏みながらじゃないとかからない車
  • ヒューズが切れている
  • ガソリンが無い(ガス欠)
  • プラグかぶり
  • ヒューズ切れ
  • バッテリーが上がってる
  • エンジンなどの故障
  • セルモーターの故障

 

このように、故障の場合もあれば、単にシフトがPに入っていなかったり、ブレーキを踏みながらエンジンスタートが必要な場合は、安全装置が働いてエンジンが掛からない状態だったりもするんですね。

 

仕組みが車によって異なりますので、まずは1度冷静になって確認してみると良いでしょう。

 

また、ガス欠でも当然エンジンはかかりません。

 

家に帰ってこれていても、次にエンジンをスタートする時にはガス欠でかからない事も結構あるんですよね!

MEMO
直ぐに故障と思わずに確認してみましょう!また、異音がする場合については下記で詳しく解説していきます。

 

仕組みはどうなってる?

とっても複雑なエンジンの仕組みを、1から解説すると非常に難しく、また長文になってしまうので、エンジンスタートの仕組みをかみ砕いて解説させていただきます。

 

現在最も普及しているのが、鍵を回してエンジンをかけるタイプのものですよね!

 

これには『セル』と呼ばれるスタータを介してエンジンをかけています。

 

エンジンかけるために欠かせないセルは、バッテリーの電力を使って動くので、バッテリー切れになるとエンジンがかからなくなるのはこのような要因である可能性も高いんですね。

MEMO
いくらエンジンの調子が良くても、スタートするきっかけの部分が作動しなければ車は動かないんですね!

 

車のエンジンがかからない時は異音でわかる?

車 エンジンがかからない 異音

エンジンが掛からない時にする音で、ある程度原因を予測する事が可能です。

 

もちろん擬音なので人によって聞こえ方や感じ方は違うかもしれませんが、一般的によく言われている『キュルキュル音』だったり、『ガガガガ』などモーターが原因なのか、エンジンなのかでハッキリ音が違うので分かる場合があるんですね!

 

こう聞こえているけどなんなんだろう?

 

と感じている方はエンジンがかからない時に出た以下の。

 

  • キュルキュル音
  • カッカッ
  • カチッ
  • 無音
  • ガガガ

これらを1つずつ解説しますので、近いと思った異音から参考にしてみてくださいね!

 

車のエンジンがかからない『キュルキュル音』『ガガガ』の原因は?

エンジンがかからない時にする異音の中で、『キュルキュル』『ガガガ』と聞こる場合が多くあります。

 

このキュルキュル音は、上記でも解説した『セル』が動いている音です。

 

MEMO
通常エンジンを掛ける時にもセルの音は聞こえていますが、すぐにエンジンがかかるのでかき消されてしまって気にならないんですよね!

 

エンジンがかからずに、キュルキュルやガガガとセルだけが回っている場合に考えられる原因は。

  • バッテリーが弱っている
  • セルの故障

となります。

 

『キュルキュル』『ガガガ』の時の対処法・応急処置は?

セルはバッテリーの電力を動力にしているので、バッテリーが弱っているとうまく作動しません。

 

ですので、

 

  • バッテリーを充電
  • バッテリー交換

 

もし、キーを回してナビやライトは作動するのに、エンジンスタートができない時はバッテリーは正常で、セルの故障が原因の可能性がありますので、そちらを交換する事になります。

MEMO
エンジンが掛からなければ自走できませんので、ロードサービスを利用しましょう。

>>無料であなたの車を一括査定してみる

車のエンジンがかからない『カチカチ』の原因は?

カチカチと音がする場合は、リレーのスイッチ音の可能性が高いです。

 

セルには大電流を流さなければエンジンがかかるまでのエネルギーを発揮する事ができないので、その間にあるリレーなどがその役割を担っています。

 

『カチカチ』の時の対処法・応急処置は?

そして、そもそもこのリレーが音を出す時は、バッテリーからの電流不足である可能性が高いので。

  • バッテリーを充電
  • バッテリー交換

上記のようにバッテリーの交換をすることにより、リレーへの電力不足解消を解決すると良いでしょう。

 

車のエンジンがかからない『無音』の原因は?

エンジンがかからない時に、無音だったり無反応の時は、キーを回して『ナビやライトが点くか』確認してください。

 

もし、ナビやライトなどが全く点かない場合はバッテリーが上がっている可能性が高いです。

 

また、電気系統が使える場合は、車のシフトがPに入っているかの確認。

 

さらにエンジンスタートがスイッチ式ならブレーキを踏みながらでないと作動しない車も多々ありますね!

 

『無音』の時の対処法・応急処置は?

  • バッテリーを充電
  • バッテリー交換

更に、電気系統が問題無い事が確認できたら。

  • シフトがPに入っているか確認
  • ブレーキを踏みながらエンジンスタート

 

こちらも行ってみてくださいね!

 

車のエンジンがかからないバッテリー上がり以外の原因は?

車検 高い メリット 値引き交渉

車のエンジンがかからない時の異音は、ほとんどがバッテリー上がりである可能性が高いですが、その他にも以下の原因があります。

 

〜箇条書き〜
  • オルタネーターの故障
  • エンジンの故障
  • その他の電気系統の故障

 

オルタネーターはバッテリーに電気を留めるための装置で、ダイナモとも呼ばれています。

 

このオルタネーターが故障すると、バッテリーに充電する事ができなくなりますので、バッテリーの蓄電分を使い切ってしまえばエンジンは停止してしまうんですね!

MEMO
走行中や次にエンジンをかけた時など様々です。

 

また、オルタネーターは壊れずらい部品でもあり、ここ最近発売された国産車に使われているものなら20万kmは壊れないとも言われています。

 

ですので車を所有している間に1度も壊れないようなパーツで、稀ですがオルタネーターの故障の可能性もある事を覚えてみてくださいね!

 

ちなみに、オルタネーターの故障は交換に5万円~8万円するので、エンジンがかからない時はオルタネーターではない事を祈りましょう!

 

車のエンジンがかからない時の異音まとめ

免許証 住所変更 警察署 代理人

今回は車のエンジンがかからない時の異音をまとめていきました。

  • キュルキュル
  • ガガガ
  • カチカチ

これらの音が聞こえる時は、まずバッテリー上がりの可能性が非常に高いです。

 

バッテリー上がりならバッテリーの交換だけで済みますし、交換するために一時的に充電し自走する事も可能なので、そこまでの出費になる事もありませんね

 

また、バッテリー上がりは、ヘッドライトの消し忘れやルームランプの消し忘れと、寒冷地で一気に消耗するなどが要因なので、適度に検査や交換をしてみてくださいね。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

お金をかけずに無料であなたの車を高値で売る方法は下記▼を参考にしてみてください。

 

こちらは中古車買取の業者を一括査定して、現時点で最も高値で車を売却する今流行りの方法です。

 

どこかで車を売却した後に、本来ならもっと高額な金額で売れる事を知るのは嫌ですよね!

 

絶対に後悔しないためにも、少しでも高く売る方法がこちらになります。

>>無料であなたの車を一括査定してみる

もちろん車を売却することなく査定だけでもOKなので、今のあなたの車の価値を調べたいだけの方にもオススメです!

 

しかも査定に掛かる時間はあっという間なので、空いた時間にいつでも行う事が可能。

 

車の価値は常に変動してしまいますし、サービスもいつ終わってしまうかわからないので是非試してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!