ニッポンノワールのエンディング考察や読唇術!セリフで口パクはなんて言ってる?

ニッポンノアール相関図キャス

ニッポンノワールのエンディングやオープニングの考察や電話内容の読唇術をご紹介します!

 

ヒントや伏線が散りばめられている、オープニング映像も気になりますし、エンディングは各話で内容が変わっており、そこにもヒントが多く含まれています。

  • オープニングの伏線
  • エンディングの考察
  • 読唇術で分かる事!

などなど、ニッポンノワールのED・OPの考察やヒントなど気になる事を、全てのストーリーでご紹介していきますのでお楽しみに!

 

ニッポンノワール全話無料でみる

ニッポンノワールのエンディング考察!

ニッポンノワールのエンディングでは、サザンオールスターズ『愛はスローにちょっとずつ』と共に、スタッフロールの後ろでキャストの誰かが話しているシーンが映りますよね!

 

しかし、ミュージックサウンドで声は聞こえていないので、会話の内容などは聞こえません。

 

また、ニッポンノワールの公式も、『エンディングには重大なヒントがある』と明言しています!

 

そこで、各話のエンディングを考察し、読唇術で会話の内容を出来る限り紐解いていきます。

 

エンディングに隠された謎?

ニッポンノワールでは、エンディングに謎が隠されているという情報があります。

そこで、これまでのエンディングから犯人につながる謎があるかを考察してみました。

エンディングの特徴

下記で各話を考察していますが、例えば1話では碓氷刑事役の広末涼子さんが、電話で話しているシーンが印象的ですし、2話では才門刑事役の井浦新さんが、電話で話しているシーンがあります。

普通で考えれば、1話のエンディングで碓氷刑事が話している相手が、2話の才門刑事と考える予想もありますし、才門刑事が話している相手が3話のエンディングの相手になる可能性も。

 

最も気になるのは、やはり終盤でエンディングに登場する人物でしょう。

 

ニッポンノワールの主題歌はサザンオールスターズ

1話エンディング(碓氷薫・広末涼子)のセリフ・内容を考察

1話のエンディングでは死亡前の碓氷薫(広末涼子)が誰かと電話しているシーンです。

 

場所は残業中の警察で、時刻は23時20分

 

ここで気になるのは碓氷薫が誰と話しているのかです。

 

表情を見る限り、笑って話してはいましたが、その後は涙を流すような場面も見られたので、感情が高まる相手だったのでしょう。

ここで可能性があるのは以下の3人。

  • 息子の碓氷克喜
  • 才門要
  • 遊佐清春

まず、1話の段階では普通に考えれば相手が『才門』でありそうな雰囲気でしたが、実際には2話でも同じように才門が通話をしているシーンが登場するのでその線は薄くなりました。

 

また、最初は笑顔で話していた姿を見ると、仕事だけの付き合いがある人物は必然的に除外され、プライベートから親交がある人物で間違いないでしょう。

 

となると、息子の克喜に何か伝えたとも考えられますよね!

 

1話エンディングの口パクを読唇術で予想

碓氷薫は少なくとも電話の中で以下の言葉を残している可能性が高いです。

  • 『おやすみ』
  • 『ごめんね』

また、微妙な部分ですが、『かつき』と話しているようにも見えます。

 

この感じだと自分が死ぬことを察していた碓氷薫が、克喜と話しているうちに込み上げてきた感情の涙と謝罪とも予想できますよね。

 

2話エンディング(井浦新・才門要)セリフ・内容を考察

2話のエンディングでは才門要です。

 

恐らく警察と思われる通路でサングラスを掛けながらタバコを吸う才門。

 

スマホを取ってから操作がシンプルだったため、着信を受けたことがわかります。

 

そして、その電話を受けている最中は、他に誰かがこの会話を聞いていないか確認もしていますよね!

 

つまり、通話の内容は絶対に聞かれたくない内容なのでしょう。

 

通話中の表情は無表情でしたが、電話を切った後はタバコを大きく吸い込み微笑みながら何かを口ずさんでいます。

 

この通話相手も、才門にとって愛着のある人物なのではないかと考えられます。

 

1話と同様になってしまいますが、克喜の可能性もありますし、そうなると実は才門こそが実の父親である線もありますよね。

 

2話エンディングの口パクを読唇術で予想

才門の口元は非常にわかりずらく、なかなか何を話しているのかが特定できませんでしたが

  • あ、そうそう
  • かつきのこと・・・

このように口が動いている場面が見当たりましたので、ここから合ってる前提で推察すると、通話相手は克喜ではなく、克喜の事を知っていて才門との関係まで理解する人物も考えられます。

 

才門と克喜の関係性が判明していませんが、物語が進むにつれてわかってくれば、色々と繋がってくるでしょう。

 

発言に対して口の動きが少ないのでわかりずらいのもそうですが、2話のエンディングは電灯の灯りが点滅しているシーンがあり、そこがまた口元を見づらくしているんですよね。

 

逆に考えれば、この灯りでわざと見えないようにしている事が、ヒントになっている可能性もありそうです。

 

3話エンディング(遊佐清治・碓氷克喜)セリフ・内容を考察

3話では、これまでの1・2話のシーンとは違い、電話ではなく2人が会話をするシーンでした。

 

克喜が清治に対して、これまで話していなかった何かを話しており、恐らく3話のラストで清治が言った言葉に、心を開いて自分の胸の内を話したのでしょう。

 

主に話しているのは克喜で、清治は淡々と内容を聞いていましたが、最後は克喜の髪の毛をクシャっと触り、また1つお互いの気持ちが深く刻まれたように見えます。

 

3話エンディングの口パクを読唇術で予想

上記でも説明していますが、主に話していたのは克喜です。

 

克喜の口元が非常にわかりずらく、読唇術は相当な難易度でしたよね!

 

他の方でもかなり苦戦しているようなので、口元というよりも表情での推察となりますが、一生懸命自分の意見を話した後は、清治との距離が縮まった感じでしたから、徐々に克喜の感情表現にも変化が出てくるのでしょう。

 

1つだけ、『でも..』と話しているのがわかったので、過去に何かしらの事情が変わってしまったか、思いもよらない事態の事を話していたのかもしれません。

4話エンディング(南武修介・北村一輝)セリフ・内容を考察


今回は、南武課長(北村一輝)が、電話で話しているシーンでした。

 

4話の中心は、南武課長だったので、予想通り南武課長がエンディングだと思う方は多いのではないでしょうか。

 

非常を見ていると、非常に辛そうな表情をされているのが印象的です。

 

また、目線が上目線だった時。

 

これは、心理的に余計な事を考えたくない時に無意識にコントロールするために上を向くそうです。

 

今にも号泣しそうな表情の南武課長が印象的でしたので、相手は、碓氷刑事で死の直前に電話してきて、全てを告白しているという可能性は十分にありそうですよね。

 

4話エンディングの口パクを読唇術で予想

今回の読唇術の相手は、南武課長でした。

 

今回も非常に難易度の高い口元の動きで、他の方も読唇術で読み取った方はいませんでした。。。今回も電話をしながら動いているので特に序盤は難易度はマックスです。

 

切なそうな表情と泣きそうな表情から、別れや悟った電話ではないでしょうか。

 

読唇術を見た限りでは、「わかった」という箇所しか読み取れませんでした。。。何かを理解した内容だと思いますが、何か気づいた事があれば追記していきたいと思います。

 

ニッポンノワールを無料動画でフル視聴する

 

5話エンディング(ガスマスク男)の内容を考察

今回は、謎のガスマスクがシャドーで格闘するシーンでした


携帯が鳴っていましたが、相手が誰からだったのかは確認できませんでした。

 

動きを見ていると明らかに、格闘経験者の動きをしていたので、遊園地を襲ったガスマスクではないかと思います。

 

エンディングの最後に出したアッパーの動きと才門のアッパーの動きが一緒に感じた点が気になります。

又、才門の2個目携帯の待ち受けとガスマスクの模様が同じ事から、今回のガスマスクは才門だと思います。

 

みなさんは、どう思いますか?

 

5話エンディングのガスマスクの正体を予想

これまでのエンディングでは、キャストが通話をしているシーンや、遊佐清治と克喜の会話シーンが流れていましたよね。

 

ただし、音が聞こえない為、ほぼ間違いなく重要なセリフを話している事は確実ですが、5話のエンディングではガスマスクと着けて何者かのシーンです。

 

4話までの会話ではなく、格闘技のシャドーをする人物は誰だったのか、多くの予想も繰り広げられています。

 

こちらの考察では上記で説明しているように、才門の動きが似てる点が気になっていますが、視聴者の間では3年A組の主人公・柊一颯(菅田将暉)も予想されているんですね。

 

たしかに、3年A組でも格闘技スキルの腕を披露していた人物ですし、ニッポンノワールと3年A組の深い繋がりは明確という訳です。

 

しかし、ガスマスクの男の背丈を考えると、菅田将暉よりも大きく見えるのも気がかりです。

 

6話エンディング(深水咲良・夏帆)の内容を考察

今回は、深水咲良が喫茶店のカウンターでパソコンを打つ姿から始まるシーンでした。


途中で携帯が鳴り、首をかしげながら誰かと会話を始めます。

その後、喫茶店の奥の秘密の部屋に入ろうとするが鍵がかかって入れませんでした。

会話を続けて最後は電話を切るシーンでエンディングが終わりました。

 

電話の相手は誰だったのか、遊佐ではないかと思います。

ニッポンノワールにつながる秘密が喫茶店の秘密の部屋隠されている事を掴んだのではないでしょうか?

身動きが取れない遊佐が咲良にお願いして調べてもらったというのは考えすぎでしょうか?

 

6話エンディングの秘密の部屋を予想

以前から気になっていた、秘密の部屋には何があるのか考えてみました。

以前も、本城芹奈が入ろうとしたら、深水喜一が入る事を拒んでいました、明らかに怪しいと思います。

深水喜一は、元南武の上司の警察官でニッポンノワールの噂も聞いた事があるという謎の多い人物です。

 

そもそも、深水喜一の娘で、才門の婚約者の深水星良が警察の秘密プロジェクトに関わっていた事自体が不思議です。

カウンセラーを仕事にしていたからといって、秘密のプロジェクトに関わるという事は、ニッポンノワールの関係者が近くにいたからではないでしょうか?

深水喜一が星良を使って行っていた記録などが秘密の部屋に隠されているのではないでしょうか?

 

しかし、あきらかに怪しい秘密の部屋に何かを隠す程単純ではないとも考えられます。

皆さんはあの秘密の部屋に何があると思いますか?

 

 

エンディングで文字(名前)が点滅・反転のヒントは?

毎回、エンディングのキャストの方々の表示で、特定の人物が反転していたり・点滅したりしています。

 

3話では、江圀刑事演じる、杉本哲太さんの”杉”の字が反転します。

南武課長を演じる、北村一輝さんの”輝”が不自然な点滅をしていました。

次回は、南武課長だけではなく、 江圀刑事も物語の中心にくるのではないでしょうか?

 

4話では、名越刑事演じる、工藤阿須賀さんの”阿”の字が反転します。

江國刑事演じる、杉本哲太さんの”本”と”太”が反転します。

栄信さんの文字が、黒点滅します。

 

次回は、名越刑事が事件のキーパーソンで、栄信さんがニッポンノワールとつながっているのかもしれません。

 

クレジットの謎


反転している人や、点滅している人が事件のキーパーソンだと思います。

 

確認されている所を纏めてみました。

1話

賀来賢人⇒「賢」

栄信⇒「栄」

工藤阿須加⇒「阿」

杉本啓太⇒「太」

2話

賀来賢人⇒「来」

井浦新⇒「浦」

工藤阿須加⇒「須」

水上剣星⇒「上」

細田善彦⇒「細」

笹野高史⇒「野」

3話

工藤阿須加⇒「加」

栄進⇒「信」

水上剣星⇒「剣」

細田善彦⇒「善」

杉本哲太⇒「杉」

北村一輝⇒「輝」

4話

工藤阿須賀⇒「阿」

杉本哲太⇒「本」「太」

栄信⇒「栄」「信」

笹野高史⇒「野」

北村一輝⇒「輝」

5話

水上剣星⇒「剣」

大和田伸也⇒「伸」

杉本哲太⇒「哲」

北村一輝⇒「村」

ここまで、大勢のキャストの方が反転しているので、この中に犯人はいるかもしれませんが、多すぎて難しいと思います。

各文字を繋げてみたりしてみましたが、文章にもならないので謎が深まるばかりです。

唯一の共通点は、工藤阿須賀さんが必ず出ている事でしたが、、、第5話でそれもなくなりました。

 

もしかして、何も関係がなく製作サイドの視聴者を騙すフェイクなのかもしれないとも思えてきます。

皆さんはどんな感想をお持ちでしょうか?

 

ニッポンノワールを1話から無料視聴する

ニッポンノワール全話無料でみる

ニッポンノワールのオープニング映像の意味や伏線は?

オープニングではクラシック曲『アントニオ・ヴィヴァルディ・四季 冬・第一楽章アレグロ・ノン・モルト』が流れます。

 

そして、物凄いハイスピードで色々な描写が駆け巡るんですね!

 

その中には間違いなく伏線だらけになっており、物語の中で重要なヒントがたくさん含まれていますが、清春の記憶説や、碓氷薫の記憶説も考えられる状況です。

 

それでは、あのハイスピードな映像の中に、どんなヒントが隠されていたのか、1つずつ書き出してたのでご覧ください。

  • クネクネと動きながら掴もうとする手=男性の手で犯人?
  • 145番のロッカー=使用者が犯人?
  • 奇妙な老婆が叫んでいる=未だ謎
  • 緑色のメガネが描かれた看板
  • 銃の発砲シーン=碓氷の殺した銃?
  • クネクネと動く手
  • 白いワゴン車がカーブ=10億円事件で使われた
  • 緑色のカエル=毒カエル?
  • 緑色の液体=ウイルス?
  • 新型インフルエンザが見出しの新聞=平成21年との繋がり?
  • 注射器に緑の液体がコーヒーに=清治が記憶を失った原因?
  • 2つのマグカップ=碓氷薫ともう1人?
  • タバコのシケモクと灰皿=清治の吸い終わり?
  • 戦闘するヒーロー=ガルムフェニックス
  • チューブに緑色の液体が流れる
  • 病院にある心電図=誰かが心臓の病気で死んだ?
  • 大量のお金=10億円事件のお金
  • Nが重なった公式の記号=ダイジェストの重要な場面にも登場

このように、映像事態は直ぐ終わってしまいますが、1つ1つ分けてみるとかなりの内容が詰まっているんですね。

 

特に、冒頭のクネクネと動きながら迫ってくる手や、その後の奇声を発する老婆には、じっくり見てみるとかなりの恐怖心を煽ります。

今後オープニング映像の詳細は分かり次第、物語の進行と合わせて追記させて頂きます!

 

オープニングのクラシック楽曲はヴィヴァルディ『四季・冬』

なんとオープニング曲は、ヴィヴァルディの名曲の『四季・冬第一楽章』です。

 

アントニオ・ヴィヴァルディの代表作として日本でも人気で馴染みある楽曲ですが、この楽曲はまさに冬の寒い情景を思い起こさせるメロディー。

 

ちなみに『四季・冬』第一楽章につけられた詩は以下の通りです。

凍り付くような冷たい冬

野山は雪に覆われ

木枯らしは吹きすさぶ

この身は寒さに震えて歯の根もあわない

 

正に苦しみに耐えるという曲の内容からも遊佐が苦しみながら碓氷を殺害したかもと思わせる内容だと思います。

 

そしてこの曲の編集を担当したのは3年A組も担当されていた、松本晃彦さんが担当されています。

 

まさに3年A組と同じ様なミステリーな展開に期待できる、壮大な物語を彷彿とさせるでしょう。

 

まとめ

今回は、ニッポンノワールのエンディング・オープニング映像の考察や、ヒントについてご紹介していきました。

 

これらについては、ニッポンノワールの物語が進み明らかになる部分も多いので、その都度いち早く更新をさせて頂きますのでお楽しみください。

 

ニッポンノワールの考察について、最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

ニッポンノワールを無料動画でフル視聴する

ニッポンノワール全話無料でみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!