タント新型2018年正式発表!発売日は2019年いつ?

タント 新型 2018 正式発表

ダイハツ『タント』新型の2018年正式発表についてや、フルモデルチェンジ後の最新情報をわかりやすくご紹介します。

 

現行のタントが発売されたのが2013年の10月ということで、2018年には5年を迎えた事もあり、フルモデルチェンジの噂が絶えませんでした。

 

実際にダイハツが新型タントを開発し、発売する事は正式発表されていますし、ライバル車のN-BOXにも販売台数で差を付けられている状況です。

 

しかし、ようやくフルモデルチェンジの情報が出たんですね!

 

噂のコンセプトカーもスーパースライドシートなど注目ポイントも多く、かなり期待できる車種へと変貌を遂げています!

 

このダイハツ新型タントの発売日や正式発表と現行モデルとの比較を知りたい方はお見逃しなく!

 

タント新型『2018年正式発表』フルモデルチェンジの発売日はいつ?

車 アイドリング 長時間 燃費

現行のタントが発売されてから2018年10月には5年を迎える事もあり、以前からフルモデルチェンジの噂がありました。

 

というのも車はフルモデルチェンジとマイナーチェンジを繰り返しながら販売していきますし、タントのライバル車であるN-BOXも2017年にフルモデルチェンジをしたことで、新車販売台数ではタントに差を付けているんですよね!

 

実は2017年にモーターショーにてダイハツ・タントの次期モデルのコンセプトカーが発表されています。

 

そんな事もあり、発売日は2018年が予測されていましたが2019年にずれ込んでいるようで、2018年の発売を目指していましたが残念ながら延期となってしまいました。。

 

また、発売する事は正式発表されているものの、明確な発売日は判明していないので、これまで出た外装・内装のなどの情報をまとめて下記でご紹介していきます。

 

タント新型『2018年正式発表』フルモデルチェンジ後の外装は?

タント 新型 2018 正式発表

上の画像がコンセプトカーとして発表された『DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)』です。

 

キャッチフレーズは『忙しいママを支える、モアスペース系自動車の使い勝手の良さを更に高めた新提案』とされています。

 

ちなみにコンセプトカーですのでこのまま発売されるわけではありませんが、着実に近未来なエクステリアへと変わっていますよね!

 

では、次にN-BOXとの比較をしてみましょう。

 

ライバル車N-BOXとの外装を比較

ライバル車であるN-BOXを見てみると、新型タントの方が丸みを帯びていて優しい雰囲気を感じさせます。

 

キャッチフレーズの『忙しいママを支える』にもあるように、ターゲット層が若者よりも子供がいる主婦になっているのもこのエクステリアになっている要因でしょう。

 

そうなるとたくましい風貌ではなく、角が無い曲線を使った形状になりますよね。

 

予想としましてはボディカラーも多くのパターンから選択できることが予想されますし、女性向けのパステルカラーなども発売されると思われます。

 

タント新型『2018年正式発表』フルモデルチェンジ後の内装は?

タント 新型 2018 正式発表

上の画像のように、新型タントのコンセプトカーではドアが前後に開く、『前後スライドドア』が採用されています。

MEMO
前後スライドドアはスーパースライドシートが正式名称です。

これは荷物の出し入れや、チャイルドシートに子供を乗せる時、降ろす時にも嬉しい機能ですよね。

 

また、ドアが横に出ない分狭い駐車場でも乗り降りが楽ですし、子供が勢いよくドアを開けてしまい隣の車にぶつけてしまうなんてことも起きませんから、やはりここらへんも『忙しいママを支える』というキーワードがキーになっていますよね!

 

更に、ハンズフリー機能という、ドアの下にあるセンサーへ足を差し込むと、センサーが探知しドアが開く機能も付いています。

 

これなら両手が塞がっていてもドアを開ける事が可能になるので、大きな荷物や買い物袋で塞がっていても安心です。

 

タント新型『2018年正式発表』スペックは?

サッカー部 彼氏 あるある

新型タントに搭載されるエンジンは『KF-VE型658cc』を更に改良したものが採用される見通しで、こちらのエンジンは現行モデルに使われています。

 

改良ポイントでは、『e:Sテクノロジー』という低燃費技術が採用されるので、これまでのタントの中でもNo1の低燃費車となるようです。

 

現行モデルのスペックは以下の通り。

NAエンジン

  • 最大出力:52PS/6,800rps
  • 最大トルク:60kgf m/5,200rps

 

ターボエンジン

  • 最大出力:64PS/6,800rps
  • 最大トルク:92kgf m/3,200rps

 

スペック自体の差が無くても、エンジンの改良を加えることで、燃焼効率を上げ燃費や走行性能を上げる事は可能なので、新型タントもそのようになるでしょう。

 

また、ボディサイズや空力でも燃費の向上が期待できますが、タントは室内空間を広く保つため、軽自動車の規格ギリギリの設計なのでエンジンや軽量化での燃費向上になるんですね!

 

タント新型のボディサイズは?

上記でも解説していますが、BOX型の軽自動車はタントやN-BOXも含め、軽自動車の規格ギリギリの設計になっているので、ボディサイズの大きな変更はないでしょう。

 

現行モデルのボディサイズは以下の通りになっています。

  • 全長×全幅×全高:3,395×1,475×1,750mm
  • 室内長×室内幅×室内高:2,200×1,350×1,365mm
  • ホイールベース:2,455mm
  • 車両重量:920kg
  • 乗車定員:4人

 

ボディサイズの変更は企画ギリギリのためほとんど変更は無いと思われますが、車体と接地面との差を縮める低重心化を行う事で室内空間を広くしたり、走行性能の向上をする可能性はあるので楽しみな部分です。

 

最新タントは次世代ハイブリッドが採用?

現在軽自動車にハイブリッドを採用するメーカーが増えていて、例えばスズキの軽自動車には『マイルドハイブリッド』が採用されており、発信する際にモーターがアシストすることで燃費の向上へ働きかけます。

 

ダイハツのタントでもエンジンとモーターが合わさったハイブリッドシステムの採用は検討されているようで、トヨタのハイブリッド技術を使った本格的な次世代ハイブリッドがタントに採用されれば更なる燃費の向上が期待できますよね。

 

ただしハイブリッドシステムを採用するとという事は販売価格も上がってしまいますので難しいところです。

 

採用されれば新車販売価格は250万円ほどになる可能性もありますから、出来ればNAエンジンとハイブリッドをグレードで区別した方が販売台数も伸びるのはでないかなと思います。

 

タント新型の燃費は?

現行のエンジンの改良やボディに使われる樹脂パーツによって50kg以上軽量化される見込みとなっています。

 

もし50kgの軽量化が行われると、現行タントが930kgですので880kgほどになるんですね

 

燃費や走行性能に非常に関わりが深い車重量の軽量化に成功すれば当然燃費は上がりますよね!

 

ちなみに現行タントが28km/Lですが、新型タントは30km/Lを超えると期待されており、ライバル車ではSエネチャージを採用しているスズキのスペーシアと並び、N-BOXよりも3km/Lほど上回る数値となるんですね!

 

ここで上記で紹介したハイブリッドシステムの採用が行われれば、軽自動車の軽い車重量との相性は抜群なのではないでしょうか。

 

実燃費も気になるところですが、燃費の向上に重きを置いている事を知れただけでも嬉しいポイントです。

 

タント新型の価格は?

価格については発売日の直前にならないと公表されませんので、現在は予想になってしまいますが、1つ言える事はライバル車を必ず意識する!

 

という事ですよね。

 

ですので、ライバル車の現行N-BOXの価格に近い金額になると予想されています。

 

以下が現行N-BOXの価格設定です。

グレード G G・L G・EX G・スロープ G・スロープL G・Lターボ G・EXターボ G・スロープLターボ
価格 138万~151万円 149万~162万円 159万~172万円 157万~169万円 168万~181万円 169万~182万円 174万~188万円 188万~200万円

 

このように、現行N-BOXは138万円~200万円ほどの価格設定となっています。

 

フルモデルチェンジ後のタントには最新の安全装備や新開発した、パワートレインが搭載されるので、N-BOXに比べて全体的に10万円程上がる可能性もありますが、とはいってもライバル車との価格設定に、そこまで大きな開き出す事はないと予想されているんですね。

 

また、価格が少し上がったとしても、最新のパワートレインなどによる燃費の向上も期待できますから、価格だけではなく燃費や安全性能など全てを含めて決めるのが良いでしょう。

 

タント新型『2018年正式発表』の口コミ・意見

 

2018正式発表『タント新型』フルモデルチェンジ後のまとめ

今回は新型タントのわかっている情報と予想をまとめてご紹介していきました。

 

ダイハツが正式発表した『DN U-SPACE(ディーエヌ ユースペース)』がタントの新型に採用されるのではないかと予想されていますが、このままいけば前後に開くスライドドアなど、実用性が飛躍的に上がりそうで面白いですよね!

 

キャッチフレーズは『忙しいママを支える、モアスペース系自動車の使い勝手の良さを更に高めた新提案』ということで、コンセプトカー通りの新型タントにフルモデルチェンジを果たせばライバル車に離されている販売台数でも巻き返しが期待できます。

 

発売は2019年にずれ込んでしまったようなので、更に新しい情報が出るまで待ちましょう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!