ららぽーと立川子供の遊び場は無料?赤ちゃん授乳室やミルクのお湯は?

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

『ららぽーと立川立飛』は、三井不動産商業マネジメントが運営するショッピングセンターです。

 

各地に『ららぽーと』があり、ファミリー層には大人気のスポットとしてご存知の方も多いですよね。

 

それは、子供の遊び場が施設内にあるからで、もちろん、『ららぽーと立川立飛』にも。

 

ちなみに、『立川立飛』は『たちかわたちとび』と読みます。

 

2015年12月10日にオープン。

 

オープンから既に約4年半が経過していますが、休日子供にせがまれつつも、まだ行った事のないと言うパパ・ママもいるかもしれません。

 

そこで、この記事では、『ららぽーと立川立飛』内で子供が遊べるエリアやそれらが無料なのか、アクセス、フロアマップなど、事前に気になる情報をお届けします。

 

『ららぽーと立川』とは?

三井ショッピングパーク 『ららぽーと立川立飛』はJR立川駅から多摩モノレールで2駅、立飛駅直結。

 

ファッションもグルメも充実の家族で楽しめるショッピングモールです。

 

敷地面積は92,500m2、そのうち店舗面積は60,000m2、テナント240、駐車場3,055台と、比較的小規模で、近隣の『ららぽーと富士見』よりも小さいため、一日で行きたい店舗を回れるのも利用しやすい秘訣なのかもしれません。

 

  • 所在地:〒190-0015 東京都立川市泉町935番地の1
  • 電話番号: 042-595-9393
  • 営業時間:10:00 – 21:00

 

場所

 

『立飛駅』直結なのですが、車利用の方もいらっしゃるでしょうから、少し引いた地図も掲載しておきます。

 

 

アクセス

車・駐車場

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

駐車場の利用時間は、8:30〜22:30。

 

閉じ込められないよう遅くなる時は時間を気にしておきましょう。

 

他に、公式ページには、『入力時に「三井ショッピングパーク ららぽーと立川」が検索できない場合は、多摩モノレール「立飛駅」を入力するのが便利です。』との記載もあります。

 

公共の交通機関

上記でもご紹介した通り、JR「立川」駅より多摩モノレール「立川北」駅へ乗り換え 2駅4分、「立飛」駅直結です。

 

電車

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

都心部でお仕事をされていたりお住まいの方は、立川は余り行かれないかもしれませんが、新宿からだと大体1時間程度でしょうか。

 

ご利用になった方が詳細をTwitterにアップされているのでご紹介します。

 

 

バス

立川バスを利用し、『立飛駅』(ららぽーと立川立飛前)バス停で降車して下さい。

 

【立川駅北口④番線発】

  • 『立26系統』立飛東門循環(立川地方合同庁舎経由)
  • 『立26系統』立飛東門循環(高松町三丁目経由)
  • 『立27系統』立飛循環(高松町経由)
  • 『立21-2系統』玉川上水駅南口(立川地方合同庁舎経由)

 

【玉川上水駅南口発】

  • 『立21-2系統』立川駅北口行き(立飛東門経由)

 

『ららぽーと立川立飛』フロアマップや子供連れに優しい施設を事前にチェック

『ららぽーと』と言えば、休日の家族連れスポットとして聞いたことありますよね。

 

週末には駐車場に入庫するにも長蛇の列が出来る程。

 

それにはきちんとした理由があり、授乳室やおむつ交換台、子供エリアなどが設置されていて、パパ・ママの利便性の高さにあります。

 

『ららぽーと』はパパ・ママ目線に立った優しい設計になっているのです。

 

 

 

 

など、通路が広くベビーカーでショッピング出来るのは、体力的にとっても有り難い設計ですね。

 

それでは、早速、フロアマップや子供連れパパ・ママ目線にたった優しいサービスを見ていきましょう。

 

フロアマップ

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

パパ・ママに優しい施設

ベビーカー(コインリターン式)

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

ベビーカーは以下の場所で貸出されています。

 

【1F】

  • ドンク・ミニワン前
  • サイクルスタジオ・シルバーリング横(P2立体駐車場連絡通路)
  • イベントスペース横(P2・P3立体駐車場連絡通路)
  • オンデーズ横(P3立体駐車場連絡通路)
  • PET PARADISE DX前

 

【2F】

  • コロンビアスポーツウェア前
  • 靴下屋前
  • 中央エスカレーター横
  • PAL’LAS PALACE前

 

【3F】

  • 写真スタジオhollyhock前
  • どんぐり共和国前
  • 中央エスカレーター横
  • 眼鏡市場前

 

4か月〜48か月対応でコイン式(100円硬貨)です。

 

ルールを守って皆が気持ちよく利用出来るようにしましょうね。

 

キャラクター付カート(コインリターン式)

貸出場所は一か所のみです。

 

【1F】

  • 中央エスカレーター横

 

こちらも、24か月〜48か月対応です。

 

お子様にはこちらのカートの方が人気でしょう。

 

数に限りもあるので、その点はご承知おき下さい。

 

ベビー休憩室・オムツ替コーナー

こちらはパパ・ママには必須のエリアとも言えます。

 

【1F】

  • 北側トイレ奥
  • 南側トイレ奥
  • 北エレベーター横

 

【2F】

  • 北側トイレ奥
  • 南側トイレ奥
  • 北エレベーター横
  • 中央エレベーター奥

 

【3F】

  • 北側トイレ奥
  • 南側トイレ奥
  • 北エレベーター横

 

授乳スペース、給湯器もありミルクを上げる場合も重宝しますね。

 

ただ、授乳スペースはカーテンでの仕切りとなっているので、外の様子も気になってしまうと言う不安はぬぐえません。

 

他にも、『スペースが狭く、ベビーカーと一緒に入るときつきつだった』との声もあり、もう少し授乳スペースには工夫がこらされると使いやすくなりそうです。

 

キッズトイレ

【3F】

  • 北エレベーター横

 

 

『ららぽーと立川立飛』内での子供の遊び場はどこ?

授乳室やおむつ交換台を確認したところで、続いては遊び場所をみてみましょう。

 

子どもの感性を育む屋内の木製あそび場

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

創・造・冒・険は、“森あそび体験”を通して子どもの感性を育む屋内の木製あそび場です。

 

様々な樹種の上質な木材でつくられた自然の造形が、子ども本来の自由な発想を引き出し、あそびの世界が無限に広がります。

 

営業時間:10:00~19:00(最終受付18:00)

 

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

『ららぽーと立川立飛』2F北側にあります。

 

自宅では出来ないような遊びを全身いっぱいで体験できそうですね。

 

イベント広場

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

ポップジェットやイベントステージを備えたイベント広場で、多彩なイベントを通して、新しい体験に出会う場が提供されています。

 

子供はもちろんのこと、パパ・ママにとっても非日常が味わえそうなイベントなどが用意されていそうで楽しみですね。

 

こちらは、『ららぽーと立川立飛び』2F北側にあります。

 

広々とした芝生でリフレッシュ

『ららぽーと立川』内の子供の遊び場は無料?その他子連れに有難いサービスも有り!

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

1階には、芝生でくつろげる芝生の公園と、お子さまが楽しめる遊具やポップジェットを設置。

 

元気にからだを動かして遊べます。

 

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

しろたんフレンズミュージアム

 

お店に一歩入ると・・・そこはしろたんと仲間たちの世界が広がります。

 

しろたんの絵本に迷い込んだようなミュージアムの中で素敵な時間を過ごせる、ふれあい空間です。

 

まるで海の中にいるようなボールプール、しろたんと学べる史上初の“がっこう”も要チェックです。

 

引用:ららぽーと立川立飛公式ホームページ

 

このエリアを利用するには、会員登録が必要。

 

年会費・入会金は無料。

 

更に、他のららぽーとでも共通利用となっていますので、ららぽーと愛好者は登録してみて下さいね。

 

『ららぽーと立川立飛』では3F北側にあります。

 

 

子供だけでなく、しろたん好きには聖地かもしれません。(笑)

 

『ららぽーと立川立飛』まとめ

この記事では、『ららぽーと立川立飛』内で子供が遊べるエリアやそれらが無料なのか、アクセス、フロアマップなど、事前に気になる情報をお届けしてきました。

 

いかがだったでしょうか。

 

さすが東京です。

 

電車でも駅直結で行けてしまうので、嬉しいですね。

 

子供も全身で活発的に動ける・遊べるエリアが無料で利用できることも分かりました。

 

まだ行ったことのない方には、是非一度足を運んでみて下さい。

 

最後までお読み頂き、有難うございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!