小出義雄(小出監督)が死去(病気)で家族(妻/娘)は?名言や教え子との問題や酒エピソードも

小出義雄(小出監督)のご家族や、高橋尚子さんなど教え子との話と、今では笑えるお酒のエピソードや名言の数々をご紹介していきます。

 

また、1人多くの方から愛されていた方が亡くなってしまいました。

こちらでは小出義雄(小出監督)が死去についてや、ご家族(妻/娘)や、これまでの教え子と名言集をまとめましたので、是非ご覧になってくださいね!

 

小出義雄(小出監督)が病気で死去

陸上の女子長距離の名指導者で、五輪金メダリストの高橋尚子さんらを育てた小出義雄(こいで・よしお)さんが24日、死去した。80歳。千葉県出身。

千葉・山武農高(現大網高)を出て一度は家業を継ぐなど働いた後、順天堂大に進んで箱根駅伝に3度出場した。千葉県の佐倉高、市立船橋高などで教員を23年間務め、1988年に実業団のリクルートの監督に就任。マラソンで92年バルセロナ五輪銀、96年アトランタ五輪銅メダルを獲得した有森裕子さんらを育てた。

高橋さんらと共に積水化学に移籍した97年は世界選手権で鈴木博美さんを世界一に導き、2000年シドニー五輪で高橋さんが陸上の日本女子で初の金メダルを手にした。

選手を褒めて伸ばす指導と明るく豪快なキャラクターで知られ、高橋さんとの二人三脚は大きな注目を浴びた。01年に佐倉アスリート倶楽部を設立し、02年12月に積水化学を退社。04年に創部したユニバーサルエンターテインメント(当時アルゼ)などから指導を委託されていたが、近年は入退院を繰り返して現場に出る回数も減り、3月末で指導者を勇退した。

出典元:https://www.nikkansports.com/sports/athletics/news/201904240000345.html

小出義雄さんが亡くなったのは2019年4月24日で80歳でこの世を去りました。

 

名監督がまた1人天国に旅立ってしまい、私も2000年のシドニー五輪で教え子の高橋尚子さんが、金メダルを取った時に記憶が込み上げてきます。

 

監督でありながら、バラエティ番組などテレビにも多く出演し、その陽気なキャラクターが世間にも浸透していましたよね!

 

また、大のお酒好きと知られていて、数々のエピソードもお持ちなんです。

 

そちらについても下記でご紹介させて頂きます。

 

小出義雄(小出監督)の家族(妻/娘)は?

小出義雄さんは長生高校陸上部時代の教え子であった啓子さんと結婚されています。

 

啓子さんとの間には3人のお子様を授かっていて、3人全員が女性なんだとか。

 

娘さんには、次女の小出正子さんが元社会人陸上部のマラソンランナーで、現在はアスリートを育成するためのスタッフとして活躍しているそうです。

 

お父さんの小出義雄と同じような教育方針なのかはわかりませんが、同じ血が繋がっていますから今後のマラソン界を引っ張っていく名監督の素質がある事は間違いありませんよね!

 

ちなみに、正子さんの旦那さんは元富士通陸上部のエースで東京国際マラソンの優勝経験もある方なんだとか。

 

凄腕のマラソン家系ですから、今後子供たちや小出義雄の子孫が活躍する時代も期待してしまいます。

 

小出義雄(小出監督)の名言や教え子は?

小出義雄さんは多くのマラソン選手を指導してきました。

 

その中の1人である高橋尚子さんはシドニーオリンピックで金メダルを獲得し、小出義雄さんと一緒に喜ぶツーショット写真は今でもその時代を思い起こさせてくれます。

 

他にもバルセロナオリンピックで銀メダル、アトランタオリンピックで銅メダルに輝いた有村裕子さんもその1人。

 

もともと高橋尚子さんと有村裕子さんは才能が無いと周りから言われていた選手だったそうですが、その才能にいち早く気づいていた小出義雄さんが指導し、結果的に日本マラソン界のレジェンドに名を連ねる選手へと成長させたんですね。

 

このような事から小出義雄さんは名監督と言われています。

 

また、小出義雄さんは数々の名言を残していているので、そちらの一部をご紹介させて頂きます。

名言
一つのことに打ち込んでこそ
いい仕事ができる。
名言
逆風は君を潰すためではなく
飛躍させるために吹く。
名言

私の教え方は夢と希望を持たせることです。「勝てるよ、世界一になれるよお前なら絶対出来る!」と毎日誠心誠意言い聞かせると心が通じて人間の脳は「なるほどな!」となるわけです。

名言
人間はやはり悔しい思いも経験しなければダメだと思う。悔しい思い出の数だけ人としての力が増すと言ってもいいかもしれない。

 

小出義雄(小出監督)酒や問題のエピソード

小出義雄さんは自他共に認める大の酒好きで有名でした。

 

豪快で陽気なキャラクターである小出義雄さんのお酒にまつわるエピソードを1つご紹介させてください。

 

それは高橋尚子さんがシドニーオリンピックで金メダルを取った日、見ていた方には記憶にあると思いますサングラスを投げてラストスパートを掛けた時です。

 

実は、あのサングラスを投げる事はマラソンのスタート前に小出義雄さんに対して高橋尚子さんが言っていたそうなんです。

 

あのサングラスは2万円もする大切な物だから受け取ってください』と伝えられていました。

 

予定通り30kmの地点で高橋尚子さんがラストスパートを仕掛けるためサングラスを外し投げましたが、そこに小出義雄さんの姿はありませんでした。

 

実は小出義雄さんは20kmの地点で軽快に走る高橋尚子さんを見て、勝利の確信をしたそうで、いち早くゴールがある競技場へ向かったんだとか。

 

すると、周りにいる観客の方達がお酒を飲んでいたため、どうしても飲みたくなってしまった小出義雄さんはお願いしてお酒を貰い飲んでしまったそうです。

 

最初の一杯からどんどんお酒は進み、すっかり酔っぱらってしまったんだとか。

 

見事一位でゴールした高橋尚子さんと抱擁した小出義雄さんに対し、『酒臭い!!』を言い放った高橋尚子さん。

 

なんとも2人の絆と言いますか、関係が築けていたからこそ実現したほっこりエピソードです。

 

このような豪快で自由な立ち振る舞いも、小出義雄さんが人気の指導者であり選手たちが付いてきた理由だと思います。

 

ネットの反応

 

まとめ

今回は、小出義雄(小出監督)の死去やご家族についてと、名言や教え子と酒のエピソードをご紹介していきました。

 

何人もの無名選手を指導し、誰もが目指すオリンピックのメダリストも育成してきた小出義雄さんは、まさにマラソン界のレジェンドです。

 

また陽気で明るいキャラクターも愛され、まさか高橋尚子さんがシドニーオリンピックで金メダルを獲得した瞬間も、酒で酔っていたのは笑える話ですよね。

 

天国でも豪快に、そして大好きなお酒を飲んで日本のマラソン業界を上から暖かく見守って欲しいと思います。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!