加藤浩次の個人事務所独立や新会社は?田村亮や山本圭壱も所属する?

加藤浩次さんが個人事務所独立をするのか、新会社には極楽とんぼの相方『山本圭壱』さんも所属するのかについてまとめています。

 

宮迫博之さんと田村亮さんが背水の思いで行った記者会見では、これまで松本人志さんや、加藤浩次さんらも知らなかった吉本興業の酷い体質が露わになりました。

 

その後、松本人志さんがTwitterで『松本 動きます』と呟き、進展するかに見えましたが、吉本・岡本社長の記者会見では自身に進退については明言せず保身にまわる言動が多く見られ、所属タレントの中からも不満が爆発。

 

加藤浩次さんは社長・会長の退陣が無い場合は、吉本興業を辞めますと話していましたが、独立して個人事務所を設立する場合はどうなっていくのでしょうか。

 

加藤浩次が吉本興業の退社を示唆

加藤浩次さんは朝の情報番組『スッキリ』のMCを行っていますが、宮迫さんや田村さん、その他の反社パーティーに参加してしまった方達にも、自分の思った事や考え方、そして裏でも事実確認を取りながら、一番に心配している姿が写っていました。

 

もちろん加藤浩次さんも当初、嘘をついてしまった宮迫さんや田村さんの事を、”悪い事“としてお伝えしていましたが、その後、吉本興業のタレントに対するあまりにも酷い対応が明らかになっていったんですね。

 

吉本興業にお世話になって加藤浩次さんだからこそ、今回の芸人を軽蔑する吉本サイドのやり方に異議を申していたようです。

 

ワイドナショーでは松本人志さんも言及していましたが、吉本サイドが宮迫さんや田村さんの謝罪の場を圧力でねじ伏せたり、脅しとも取れる行動をしていたのは当事者以外知らない状況でした。

 

これについて、加藤浩次さんはスッキリで激しく感情を出しました。

実はこれまでも吉本興業の会長や社長のやり方について、加藤浩次さんだけでなく不満を持っていた方、そして吉本興業を退社した優秀なマネージャーなども多くいらっしゃったそうです。

 

まさかここまで酷い対応をする会社なのか。

 

ここまできても体質が変わらないのに、今回の件でも会社のトップである経営陣が代わらない状況なら、『僕は吉本を辞める』と強い口調で発言しました。

 

加藤浩次が独立して個人事務所を設立する?

出典元:MSN.エンタメ

 

上記でもお伝えしていますが、加藤浩次さんが独立を示唆しているのは、現時点で芸人ファーストを微塵も感じる事が出来ず、これまでの不満因子を多く作ってきた経営陣の退任の是非です。

 

つまり、社長・会長が吉本興業を退かなければ吉本興業を辞めてしまうという事でしょう。

 

これはスッキリでもお話していますが、大崎会長との対談を行う前にも既に気持ちは決まっていると明言しています。

MEMO
吉本興業は経営陣の退任は考えておらず、記者会見でも年俸50%カットという甘い処置でした。

もし吉本興業を辞めることになれば、他の事務所に所属する、もしくは個人事務所の設立が通常の流れです。

 

これまでもお笑い芸人さんで個人事務所を設立している方は多くいらっしゃるので、加藤浩次さんも個人事務所を設立し、それからの活動は吉本のマネジメントを受けない方向になるでしょう。

 

ちなみに、明石家さんまも個人事務所を設立していますが、吉本に所属しながらの個人事務所なので加藤浩次さんの状況とはまた違いますね!

 

加藤浩次の新会社には山本圭壱も所属?

気になるのは山本さんの動向です。

 

山本さんは2006年に吉本を解雇されてから、2015年事務所フリーで芸能活動を再開した後、2016年11月22日に吉本興業に復帰しています。

 

相方の加藤浩次さんは、山本さんの復帰をこれでもかと待っていましたし、今の状況は解雇されてしまった時から考えれば望んでいた形に近付いていますよね。

 

ただし、今回の件で加藤浩次さんが退社することになればどうなってしまうのでしょうか。

 

山本さんの不祥事の際には実質極楽とんぼ解散報道が流れていましたが、実際に2人で話合ってから解散を決定したことは無いんだとか。

 

つまりしっかり極楽とんぼは続いているんですね。

 

加藤浩次さんの退社は、様々な方に影響を与える事は間違いなく、非常に注目されているんですね。

 

弟分の田村亮も所属する?

田村亮さんと加藤浩次さんは兄貴と慕うほど仲が良く、加藤浩次さんも一連の騒動中、頻繁に電話でのやり取りをしていた事を話しています。

 

もし加藤浩次さんが退社することが決まれば、吉本に深い疑念を抱いている田村亮さんも必然的に共に行動する可能性が高いとみられているようです。

 

もともと90年代後半にも2人は劇場で切磋琢磨した中だったんですね。

 

そうなるとロンドンブーツの淳さんはどうなるのか。

 

コンビなのにお互いが他事務所は成り立つのかも難しいところですよね。

 

お笑い芸人で個人事務所を設立してる人は誰?

お笑い芸人には個人事務所を設立して活躍しているタレントさんも結構いらっしゃるんですよね!

 

まず、代表的なのはヒロミさん。

 

今は司会やコメンテーター等、テレビで見ない日が無いほど活躍されていますが、最初は人力舎でお笑い芸人としての活動をスタートし、後に『ビィーカンパニー』を設立。

妻の伊代さんも所属しています。

 

次にビートたけしさん。


ビートたけしさんは元々、太田プロダクションに所属していましたが、その後フライデー襲撃事件で退社し、『オフィス北野』を設立しました。

 

その中にたけし軍団や寺田進さんなどの芸人・俳優をマネジメントする目的の会社になりました。

 

実はビートたけしさんが独立に至った経緯に、フライデー襲撃から復帰後に右翼団体に復帰が時期尚早であると街宣を掛けられた際、太田プロダクションがなにも対応してくれなかったことがきっかけだったそうです。

 

現在も太田プロダクションとの関係は良好という事ですが、今回の加藤浩次さんと同じように事務所とのズレが独立を加速させています。

 

このように、これまでにも大手マネジメント会社から独立している方は多くいらっしゃり、お笑い芸人や俳優などでも見える事です。

 

大手事務所を退社するとテレビ番組では扱ってもらえない、”干される“といった事もあったようですが、今の時代は更に事務所への非難が強まる状態。

 

やはりインターネットなどの普及で世間の声が届きやすくなっているのも影響しているのではないでしょうか。

 

とにかく加藤浩次さんが退社をする事になった場合でも、スッキリなど現在務めている番組は終わらないで欲しいですよね!

 

加藤浩次の吉本興業退社について世間の反応・口コミ

 

まとめ

今回は加藤浩次さんの個人事務所設立についてご紹介させて頂きました。

 

焦点は吉本興業を退社するのかしないのか。

 

加藤浩次さんはスッキリで今の吉本を作った経営陣に対して、強い疑念を持っており会社のトップとして退陣しないと根本的な解決にはならないという考え方です。

 

この2人の去就が無ければ事務所を辞めると宣言していますが、加藤浩次さんと同じように吉本を退社するタレントが続出するのではないでしょうか。

 

世間でも注目されており”加藤の乱“とも言われていますが、どのように流れていくのか注目していきたいと思います。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!