コパアメリカ2019でJリーグの若手期待選手は?主力は五輪世代で注目は?

コパアメリカ 2019 jリーグ

2019年6月から開催される『コパ・アメリカ』の日本代表メンバーには、五輪世代のJリーグ選手が召集されることがわかっています。

 

という事で、こちらでは東京五輪世代の注目若手選手や、期待の新星をご紹介していきたいと思います。

 

これからの日本代表を担う可能性が十分にある、、逸材のJリーグ選手って実は結構いるんですよね!

 

そんな選手がコパ・アメリカではどのようにトッププレイヤーと対峙していくのか、これは日本のサッカーにとっても非常に重要ですし、キャリアとしても良い経験にもなるので是非頑張ってもらいたい!

 

注目若手Jリーグ選手の特徴も含めてご紹介していきますので、コパ・アメリカ2019に興味がある方はお見逃しなく!

 

コパ・アメリカ2019は五輪世代が中心?

コパアメリカ 2019 jリーグ

2019年6月に開催されるコパ・アメリカは南米選手権、つまりブラジルやアルゼンチンなど南米の強豪国が競い合う非常に大きな大会で、欧州選手権と肩を並べるハイレベル試合が繰り広げられます。

 

日本はアジア圏ですが招待国として20年ぶりに参加することが決定しており、発表された瞬間サッカー好きの方々は色々な妄想が始まったのではないでしょうか笑

 

ただし、日本代表のメンバーはベストメンバーでは臨めない可能性が濃厚で、これはFIFAの規定による『大陸内での選手権には1年に1大会でしか拘束力を行使できない』という決まりがあり、2019年1月に開催されたアジアカップで既に選手権に挑んでいる日本は選手を自由に召集することが出来ないんだとか。

 

そこで白羽の矢が立っているのがJリーグの若手選手で、特に東京五輪世代が多く召集され経験を積ませるためにも起用されるのではと言われています。

MEMO
東京五輪世代は2019年で22歳以下(U-22)の選手

 

確かに現時点で実現できる日本の最強布陣で挑めない事は残念ですが、逆に考えれば新たなスターの発掘が出来る機会になる可能性もありますし、そもそも若手のうちからこのような大会に出場すれば得られる経験値は桁外れに高いでしょう。

 

将来を見据えたと考えればそれはそれで面白いのではないでしょうか。

 

Jリーグの選手が多数選出される理由は?

上記でもお伝えしている通り、選手権には1年で1大会しか拘束力を行使できないので、Jリーグもそうですが海外組(アジアカップに召集された)の選手がスムーズに召集できる可能性は低いようです。

 

もちろん東京五輪世代にも海外でプレーする選手が多くいますが、それ以外の選手はJリーグでプレイしている選手が1チーム1人の制約から召集されるようなんですね。

 

色々な意見が多いようで、”制約を理解していたならなぜ対策を早く打たなかった“なども言われていますが、もう大会寸前ですから新たにA代表デビューする期待の選手に注目するしかありませんよね!

 

コパ・アメリカ2019でJリーグ若手期待の選手は?

コパアメリカ 2019 jリーグ

出典元:https://www.football-zone.net/archives/102109

 

それではJリーグの若手期待の選手をご紹介します。

 

今回は東京五輪世代の選手でも海外組は省いています。

 

あくまでJリーグで注目される選手で選ばせて頂きました。

 

それではどうぞ!

 

町田 浩樹(鹿島アントラーズ)

コパアメリカ 2019 jリーグ

出典元:http://www.so-net.ne.jp/antlers/clubs/machida-koki.html

 

  • 名前:町田 浩樹(まちだ こうき)
  • 生年月日:1997年8月25日
  • ポジション:DF
  • 出身地:茨城県
  • 身長:190cm
  • 体重:80kg

 

茨城県出身のプロサッカー選手で、鹿島アントラーズのユースにも在籍していたためそのままトップチームに昇格しました。

 

高い身長も去る事ながら、空中戦での強さには定評があり守備陣の統率もこなせるディフェンダーです。

 

東京五輪世代のU-22にも召集されており、これからのA代表での活躍も期待される若手注目選手の1人なんですね!

 

この高い技術力は鹿島アントラーズの先輩である小笠原満男さんや、中田浩二さんからの直接指導があったそうで、お陰でメキメキとスキルアップしており、また利き足が左のCBとしても貴重な存在となっています。

 

オビ・パウエル・オビンナ(流通経済大学)

 

  • 名前:オビ・パウエル・オビンナ
  • 生年月日:1997年12月18日
  • ポジション:GK
  • 出身地:埼玉県
  • 身長:193cm
  • 体重:83kg

 

2019年現在、流通経済大学に通う大学生ですが若いうちからかなり注目されているGKで、ナイジェリア人の父と日本人の母をもつハーフの選手です。

 

代表歴は以下の通り。

  • 2012年U-15日本代表候補
  • 2013年U-16日本代表:イタリア遠征
  • 2013年U-17日本代表:サニックス杯
  • 2014年U-17日本代表:新潟国際
  • 2017年U-20日本代表:M-150杯
  • 2018年U-21日本代表:トゥーロン国際大会・アジア大会

このように世代別の代表にも選出され、世界を舞台に活躍する選手なんですね!

 

また身長193cmと恵まれた体格に素早い反応で日本のゴールを守る守護神として注目されています。

 

コパ・アメリカ2019では中村航輔選手も召集が期待されていますが、更に若手のオビ選手を起用する可能性も非常に高いと言われているようです。

 

杉岡 大暉(湘南ベルマーレ)

コパアメリカ 2019 jリーグ

出典元:https://www.jsgoal.jp/news/jsgoal/n-00116170/

 

  • 名前:杉岡 大暉(すぎおか だいき)
  • 生年月日:1998年9月8日
  • ポジション:DF
  • 出身地:東京都
  • 身長:182cm
  • 体重:75kg

 

杉岡大暉選手はサッカー名門校の市立船橋高校で突出した才能を披露していたディフェンダーで、多くのJリーグチームからのオファーがありましたが市立船橋のサッカースタイルに似ているという理由から湘南ベルマーレに入団を決意しました。

 

なんと開幕戦から出場しDFながら翌試合でゴールを決めるなど早くからプロのサッカーに適合し、その実力を存分に発揮しています。

 

2018年のルヴァンカップでは湘南ベルマーレの優勝に大きく貢献しMVPを受賞するなどキャリアも充実。

 

また、U-22の日本代表にも選出されており、東京五輪世代の中心選手としても注目されているんですね!

 

長友佑都選手が召集されない場合は、杉岡選手が選出される可能性が非常に高いと言われていますね!

 

久保 建英(FC東京)

コパアメリカ 2019 jリーグ

出典元:https://www.football-zone.net/archives/185670

 

  • 名前:久保 建英(くぼ たけふさ)
  • 生年月日:2001年6月4日
  • ポジション:FW/MF
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:174cm
  • 体重:69kg

 

久保建英選手といえば、日本の至宝とも呼ばれる天才サッカー選手です。

 

ご存知の方も多いと思いますが、2011年から2015年まで名門クラブのバルセロナユースに所属し、世界中から集まる若手ホープの中でも一際輝く成績を残していました。

 

あるところではメッシ二世とも呼ばれるほどで、Jリーグに参加してからも体の大きな選手に負けないボールコントロールは間違いなく一級品でしょう。

 

鮮やかなフリーキックを決めるなど、キックの精度にも定評があるんですね!

 

コパ・アメリカ2019が6月に開催されるため、ちょうど18歳になる久保建英選手は年齢からも召集される可能性は高くない言われていますが、それでも期待の気持ちを込めて選出させて頂きました!

 

ネットの反応・口コミ

 

まとめ

免許証 紛失 再発行 運転できるか

今回はコパ・アメリカ2019に召集される可能性のある若手期待選手をまとめてご紹介していきました。

 

コパアメリカ2019はブラジル開催という事で、スタジアムにはマラカナンスタジアムも使用されるんですよね!

 

これまでに幾多の歴史が造られてきたスタジアムで、更に南米のトップスターとの対戦が出来るとなれば、非常に大きな経験となり今後のサッカー人生に左右するでしょう。

 

ですから是非若手選手には躍動してもらいたいと思います。

 

五輪世代の選手には今後の日本代表を担う面白い選手が多くいるので、是非今回ご紹介させて頂いた選手以外も注目してみてくださいね!

 

最後まで読んで頂き有難うございました!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!